Excuse me?

先日、行きたいお店があったので、そのお店が入っているデパートに行った。

デパートと言ってもレンガの外壁はボロボロ、地震大国の日本では絶対目にできないような恐ろしい建物で、日本人が見たら『えっ、この中に入れるの?』と思ってしまうような状態で、近付いて見ても外壁が崩れて中の配管がむき出しになっていたり、作業途中なのか完了なのかわからない資材の袋が放置されていたり、中は中で薄暗く、エスカレーターはもちろんスムーズではなく、ガッガッガッガッと音をたてながら進んでいくし、絶対いつか逆走しそう・・・というデパートで、ここまで書けば、チェンマイを知っている日本人なら『あ、あそこだ』とわかってしまうくらいメジャーなデパート。

そのデパートに入って、まずトイレに行った。

するとタイ人と思われる若い女性が何かを懇願するかのように『Excuse me?』と声を掛けてきた。

こんなところで何だろう?新手の詐欺ってあったっけ?と思ったが、彼女のほうを向くと、切羽詰まった表情で『Do you have a napkin?』と言われた。

あ、この人、急に生理がきて困ってるの?と思ったので、『Napkin? ?(タイ語で生理用ナプキンの意味)』と聞いてみたら、そうだそうだと言わんばかりに頷くので、持ち合わせていたものを差し出すと、これではないという仕草。

お腹をおさえて『痛〜い』というふうだったので、『medicine?』と言ってみたが、、これも違うらしい。

彼女はどうやら自分の言った単語が違うということに気付き、あれ、何だっけ、何だっけ、というようなことを口走り、トイレの個室を指差して、そしてお腹をおさえた。

あ、急に大きいほうをしたくなってお腹が痛い、っていうことなの?!と思って偶然持っていたトイレットペーパー(昼食のときにテーブルに置いてあったものを使った残り)を40cmほど手渡したら、彼女は『そう!これ!』という表情になったが、もっとほしいと言う。

わたしはバックパックの内ポケットにポケットティッシュを入れてあるので、それを取り出そうとするのだけど、こういうときに限ってなかなか出てこない。

なんだか漫画みたいな状況になってきて、バックパックのファスナーを全開にして、あれでもない、これでもないといろんな物をどんどん出して、ようやくポケットティッシュに到達した。

ポケットティッシュを渡すと、『Thank you very much』と彼女はお礼を言って、トイレにかけ込んだ。

騒動が落ち着き、わたしもトイレに入ろうと思ったが、彼女が紙を乞うていたということは、ここのトイレには紙は設置されてないということで。

そしてわたしはポケットティッシュをまるっと彼女に渡してしまった。

さて、わたしはどうすれば・・・?

バックパックのポケットにはペーパータオルも忍ばせてある。

わたしはそれを、よ〜く揉んでから使った。

タイのトイレは使った紙はゴミ箱に入れるシステムなので、これで問題なし。

広告を非表示にする