消費者庁、ガンホーとグリー景品表示法違反

思い出すのが夜店でのくじ。

絶対に当たらない、ということで問題になった。

この手の賭け事で消費者が儲かることはない。

パチンコでも競馬でも結果は同じである。

ゲームというのは遊んで楽しければいいのである。

ところが、最近はそうでもないらしい。

ニンテンドーやプレステはソフトを購入すれば良かった。

それ以上もそれ以下もない。

それがスマホゲーム(ネットゲーム)になって様相が一変する。

原則的にダウンロードは無料。

ところがゲームを進めていくうちにおカネが必要になるという。

人間の欲望は金銭だけではない。

ゲームに勝ちたい、進めたいというほうが余程強いらしい。

そういうナントカ欲を刺激してこの手の会社は儲けているらしい。

テレビCMでもよく見るし。

私はいいおっさんだから「くだらねえ」と一刀両断だが、

私が若かりし頃、若者たちはインベーダーなどのゲームに

喜んで100円玉をつぎ込んでいた。

私は貧乏な家だったし、バイトも時給350円とか500円の時代。

清水から飛び降りる気持ちで100円を。

それも週に1回程度だった。(笑)

いつの時代もゲームにいろいろつぎ込むのはアホな若者の習性なんだな。