ネットの英語音源を英会話のリスニング力アップに利用する

インターネット上でには、多種多様な英語の音源がアップロードされています。ニュースや、ドラマ、映画など海外のサイトで視聴することができます。ただ、それらの意味がわからなくても、映画なら台本を読んだり、日本語版の字幕を見れば英語の原文も訳文もわかります。ニュースも日本語版が出ていることが多いので、原文や訳文を文字で確認するのは簡単です。

問題は、英語の原文も訳文ともに、どこにも掲載されていない場合です。外国のミュージシャンのインタビューなどが動画サイトにはたくさんアップされています。かなり、長時間にわたるインタビューなどもあります。もしそれが、お気に入りのミュージシャンだったなら、背景的な情報を持っているので何となく意味はわかることがありますが、どうしても聞き取れない箇所があるものです。

聞き取れない箇所があった場合、文字では掲載されていることはほとんどありませんし、字幕ももちろんありません。聞き取れない部分はあきらめて放置するしかないのでしょうか?

そんな時に利用したいのが、英語の文字起こしサービスです。テープ起こしと呼ばれることもありますし、英語ではトランスクリプションと呼ばれます。このサービスは音声ファイルをウェブで送信すると、音声を文字にして返送してくれるのです。もちろん有料のサービスとなりますが、最近、文字起こしサービスを提供している会社が増えていますので、料金体系など確認してみると良いでしょう。

聞き取れない部分を、はっきりさせることができれば、なぜ聞き取れなかったのか原因もはっきりします。ボキャブラリーが足りなかった、文法の理解が足りなかったなど、原因は多岐に渡ります。しかし、自分の興味がある内容についての英語なので、意味の理解は深まりますし、知らない表現や単語などもすぐに覚えられるものです。

英語で聞き取れなかった箇所があった場合は、あきらめて放置せずに、有料でも文字起こしサービスを活用することです。英会話力が飛躍的にアップすること請け合いです。