姉の見舞い

8人兄弟のうち、生存しているのは、今日見舞いに出かけた次姉と俺だけになった。

姉は95歳、近くの特養に3年近く入居したまたである。

甥が、母が寂しがっているので、一度様子を見に行ってほしいというので、家内同伴で二駅離れた施設へ出向く。

姉はボケてもおらずM心配することはなさそうだ。

広告を非表示にする