なんで死にたくなるのか?

さっきふと去年NHKで放送してたうつに関するシンポジウムの番組見てたんですけど、なんて言うか少ししんどい感じになってます。

ながら見でしたけど原因について触れてなかったです。

ストレスを感じるとなんとかという成分が分泌されるとかそういう役に立たないだろう話はありましたけど。

精神状態が悪化していくと高確率で自殺に行き着くと思いますが、そもそも死にたくなる理由についても言ってなかったと思います。

あれ、死にたいっていう発想が人間の倫理観からかけ離れているので引っ張られてまともな思考出来てない人ばかりなんですが、あれの本質は逃げたいです。

この前書いたような人間はしんどい状態が続くと精神状態に異常が発生します。

でどうしたらこの辛い状況から解放されるか?を考えます。

1番確実に解放される手段として死という結論が出た、たったこれだけのことです。

だって死んだら確実に解放されるじゃないですか?

というように考えるんです、死にたくなってる人は。

じゃないな、正確には死にたくなってる人の脳はです。

善悪とか倫理観はどうでもいいので、

当事者が何を考えているのか?とかなにを感じているのか?をちゃんと聞いた方がいいです。

イジメ自殺あるじゃないですか?

あれ相手に反撃する人間がほぼ0な理由がこれです。

相手に反撃するより自殺する方がこの状況から解放されると判断するからです。

相手に反撃すると更に反撃される可能性が高いと考えるからです。

こんな簡単なことをわかってそうな人がシンポジウムの会場に沢山人がいたのに1人もいなかったんじゃないか?と恐怖とか絶望みたいなものが頭から離れないんです。

精神医学に解決方法が無い、と断言して書きたくる気持ちわかってもらえますかね?

僕が良くなる方法わかってから3年経つのにちっとも変わってないですから。