ヤクルト対楽天

ヤクルト戸田球場のイースタンリーグ

先発投手はヤクルト梅野、楽天は釜田。

先制はヤクルト。初回、大村がヒットで出て、バレンティンがツーベースで返し、1点先行。

梅野は立ち上がり良く、3回までパーフェクトだったんだが、4回1死後、3連続四球で満塁。元々、最初から球がばらつき気味な傾向はあったんだが、楽天打線が二回り目に入って、見極めてきたかな、という感じだった。それでも後続を断って、この回は切り抜け、ノーヒットノーランは継続(^^;。しかし5回、2死後にとうとう、村林にセカンドへの内野安打を打たれる。この程度で気落ちしたってこともないと思うが、続くオコエにもヒットを打たれ、田中のタイムリーで村林が還って同点。梅野は6回も続投したが、四球の後、1死取った所で交代。

ヤクルト打線は、2回先頭の廣岡がヒットを打った後は、釜田に完璧に抑えられた。7回に四球で走者が出た時もゲッツーで、8回までノーチャンス。梅野以降の投手陣(久古、土肥、風張、小川)が、風張だけは少し微妙だったが、とにかく9回まで0点で抑えていたが、追加点を上げられなかった。9回に投手が菅原に代った所で、ようやく比屋根が1本ヒットを打ったが、得点にはつながらず、延長へ。

10回表は菊沢が登板。1死後オコエを四球で出す。2死後にオコエに二盗をされた後、中川にレフト前へ運ばれる。オコエが一気に3塁を回った時、刺せると思ったが、レフトのバレンティンからの返球は少しもたついて生還。キャッチャーの山川が受けてすぐに2塁へ送球したが、これも逸れて、中川も2塁セーフ。続く内田の左中間へのスリーベースで、中川も還って1-3。ちなみに、この時のバレンティンの動きも、かなり緩慢だった。ピンチが続いたが、菊沢を竹下がリリーフして、何とか2点で終わらせた。

10回裏はバレンティンが先頭打者。楽天3番手の森原から、バックスクリーンに打ち込むホームランを打ち、1点差。しかし、後が続かず、2-3で終了。

梅野は今年高卒で入った若手だけど、現時点ではこんな感じなんだろうな。雰囲気はいいんだけど、もう少し長い回を持たせられるようにならないと。まあ、これからの人だから。

菊沢も今年の新人だが、年はかなり行っている。序盤戦で、ちょっと厳しいんじゃないと思ってたが、ここんところ、短いイニングで出てきた時は、悪くない出来だったので、馴染んできたのかなと思ってた。今日はダメだったな。やっぱり厳しいのかねえ。彼の場合、これからの人とか言ってる時間的な猶予は少ないはず。

10回のバレンティン(故障明け)は、表は守備の問題が出てしまったが、裏は打撃の好調ぶりが見えたから、どうするんだろうな、という感じ。まあ、元々守備には目をつぶって使うしかない選手ではあるから、打撃期待で上げざるを得ないだろうけどなあ。

広告を非表示にする