一人旅の利点は時間なくなったからここ寄

一人旅の利点は時間なくなったからここ寄るの止めよう。お金ないからマックでいいや。早起きしたからあそこにも寄ろう。天気悪いから寄る順番変えよう。とか全部自分だけで決められるので後悔が少なくて済むことかな。

ちょっと長いけど・・

私の友人の木村緑さんのブログに書いてあった

文章が凄く素敵だなと思ったので

彼女の同意を得て私の日記にUPしました。

ちょっと長いですが

最後まで読んでいただければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 うっかりしてたらオバサンになっちゃった!  』より   木村緑

< 素人は政治に口出すな? >

何も分からない素人が外交問題に口を出すな、と言った人がいる。テレビによく出ている人みたい。あなたはどうお考えですか?私はどうもその排他性が気になるよ。政治に知識はいらないと思うんだけど。いると思っている人は多いのかも知れない。

政治参加は基本的にはシンプルなものだ。あることに税金を使うことにイエスかノーか、相手国の出方にどう対処するか?同意、共感、否定、そんな基本「好きか嫌いか」に近いところで「国としての行動」を判断する物だと思う。

知識が必要な案件については政府の努力の問題で解決する。この国民の脅威の識字率と未だにあるマスコミ信頼度とネットシステムを利用して、知識を周知させればいい。

いずれにしても国の努力不足のせいで一般人が政治の蚊帳の外に置かれることがあってはならない。

それをことさらシンプルでなくしているのは、知られることを嫌う人々が物事をややこしくしているからだ。無意味に煩雑な手続きを作ったり、情報公開の場に制限を多くしたり。それこそが悪であると私は思うなぁ。

国会や会見で「よくわからないな」「意味不明だ」と感じた発言や答弁があったら?

それは隠し事をしているという意味にとって正解だ。隠したいことがないとき、人は明快に話す。自信を持って喋れるときにはいつもモゴモゴ喋っているジーサン議員や役人でさえ。

私が歴史のお勉強をしているのは、政治に関心を持った時に、そのゆがみの出所を知ろうとしたからだ。いわば制度を作ってきた「日本人」という人々の特性に興味を持ったから。勉強会もそのため。

でも、日々の現実の政治を判断するには、政治上の知識なんていらない。政党や代議士の政策や、本当にそれを実現したのかどうかをチョチョッと調べれば、それが信頼できるかどうかがわかる。政策とその結果はネットで簡単に調べられる。知り合いに聞くのもいい。

興味を持った時に、コンビニで新聞でも買って読むといいと思う。その時、面倒でも複数紙読む。読売新聞と東京新聞中日新聞)では随分内容が違う。新聞は「誰かの個人的な意見と趣味の集まり」であることを忘れないでいたい。うっかりすると特定の情報を敢えて取り上げない媒体も多い。

テレビが好きな人は、硬軟取り混ぜて多くの番組を観た方がいいと思う。逆に一定の番組しか観ない、というのであれば、それはすご〜く偏向することを覚えておきたい。大多数に感じられる言い回しが使われることが多いけれども、テレビ番組もまた、誰かの個人的な見解であるから。

この頃は週刊誌も活躍している。週刊誌にしろ日刊にしろ、今まで三流紙扱いだった媒体が頑張っているのを見ると、大企業で出世街道をひたすらに進む人々にはできない、本当のジャーナリズムが息づいているように思えて胸がすっとする。

個人で活躍しているジャーナリストは資金や拡散媒体の不足から、ネットをその場にしている人が殆どだ。彼らは元は私たちのような市井の人で、疑問を原動力にジャーナリストになった人が多い。私は岩上安身さんのIWJを支援している。あと、マガジン9。

ほかにも私が知っているうちでは田中龍作さんや大袈裟太郎さん、座間宮ガレイさんがいる。もう少し長いスパンで深めに活動している人には雨宮処凛さんなど。志ある人々は大きな資金が無いのでネットを利用することが多い。これを読まないのは惜しい。

政治をまるで「難しいもの」に祀り上げて、議会を独占して居眠りしているのは不思議と与党だ。嘘つきは隠す。ごまかしたい人は難しく見せる。痛い所がある人は人の意見を聞かない。後ろ暗い人は質問をはぐらかす。 政治に必要なのは知識でなく、マナーだと言いたいな。

それと、興味がなくても居眠りなんてしないことね。特に与党の議員さん、軒並み寝てるけど、いつが本番なの?君たちのお給料は年間2200万円。そう、春に納めた私たちの税金。各国と比べると、国民ひとり辺りの議員数は少なくて報酬は高過ぎる。そう思わない?

しばらくは様子見、支那地区は約束を履行するのか

日米首脳北朝鮮ミサイル発射阻止が重要電話協議

首相は協議終了後、グアムへのミサイル発射予告は地域の緊張状態をかつてなく高めていると批判。そのうえで日米、日米韓で緊密に連携を取りながら、中国、ロシアをはじめ、国際社会と協力してミサイル発射を強行させないことが最も重要との認識で一致したと述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

北朝鮮はグアム周辺へのミサイル発射の際には島根、広島、高知3県の上空を通過すると予告している。首相は協議で、トランプ氏が同盟国を防衛する意向を強調していることについて、高く評価していると伝えた。トランプ氏は発射予告に懸念を示した。

また、トランプ氏は日本時間12日の米中首脳の電話協議で中国の習近平国家主席北朝鮮への働きかけを強めるよう求めたと説明した。日米両首脳は対話のための対話は意味がなく、今は国際社会で一致して圧力を強める時だとの認識で一致。国連安全保障理事会で採択された北朝鮮に対する制裁決議の厳格な履行を各国に働きかける方針を確認した。

17日に米ワシントンで予定されている外務防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会2プラス2などを念頭に、日米同盟強化に向けた具体的な行動を進めることでも一致した。

両首脳の電話協議は、北朝鮮の2回目の大陸間弾道ミサイル発射を受けて行われた7月31日以来。田中裕之、遠藤修平

金正恩委員長米の行動しばらく見守る

トランプ政権は、少なくとも表向きは軍事力行使を含むすべての選択肢を排除しない姿勢で、この方針と食い違うバノン氏の発言は波紋を広げる可能性がある。

この中でバノン氏はわれわれは中国と経済戦争をしていると主張。北朝鮮の核ミサイル問題で中国は米国にお付き合いしているだけで、影響力行使は大して見込めないと断じ、貿易分野で中国に対する厳しい制裁手続きを進めるべきだと訴えた。

米中は経済戦争中とバノン氏、北朝鮮問題は前座

経済における米国第一を主張するバノン氏は、左派系インターネットメディアアメリカンプロスペクトAmericanProspectのロバートカトナーRobertKuttner氏に対し、私にとっては中国との経済戦争が全てだ。われわれはそれに全身全霊を傾けなければならないと語った。

バノン氏はこのところ、トランプ大統領との関係がぎくしゃくしていると報じられている。率直で自由奔放なインタビューでは、バージニアVirginia州での白人至上主義者らと反対派の衝突をめぐるトランプ大統領の発言に揺れる政権の内紛にも言及した。

右派ニュースサイトブライトバートニュースBreitbartNewsの元会長で、当時は白人至上主義を増長させるような論調を推進してきたバノン氏だが、今回の一件ではトランプ氏の擁護的な姿勢とは一線を画し、白人至上主義者らへの軽蔑をあらわにした。

民族主義的なナショナリズムは負け犬だ。非主流派にすぎない。メディアが大きく取り上げすぎているのだと思う。粉砕してしまわなければならない、もっと叩き潰す手助けをしなければとバノン氏は述べ、白人至上主義者たちを道化者の集まりとこき下ろした。

また、トランプ氏が北朝鮮に対し、米国への脅しを続けるのであれば炎と怒りで報いを受けることになると警告したことについては、北朝鮮の核の脅威に対する軍事的な解決策はない。忘れていいとバノン氏は述べた。

その上で、米政権内で対中貿易における強硬路線を主張する自身の闘いに言及し、北朝鮮問題での誠実な仲介役を中国に期待するというわなに陥ってはならないとして、われわれは中国と経済戦争の最中だわれわれのどちらかが25〜30年後に覇権を握る。このまま行けば彼らの勝ちだなどと持論を展開。北朝鮮問題も彼ら中国がついでにわれわれをつついているだけだ。一つの前座に過ぎないと語った。翻訳編集AFPBBNews

バノン氏米大統領のために戦う議会やメディアの敵に対し

バノン氏は同日、ブルームバーグニュースに対し、混乱があるなら明確にしたい。私はホワイトハウスを去り、トランプ氏のために議会やメディア、米国株式会社にいる同氏の敵に対する戦いを始めると語った。首席戦略官の退任発表後、バノン氏が公的に発言したのは初めて。ブライトバートの声明によると、同氏は会長に復帰した。

バノン氏に近い関係者1人は同氏退任について、バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者の暴力行為に対するトランプ大統領の発言への批判とは関係ないと指摘。同関係者によると、バノン氏は今月7日に辞表を提出し、14日付で辞任の予定だったが、暴力行為後の混乱で発表が遅れていた。

同氏の退任でケリー大統領首席補佐官の立場は強化。また、政策をめぐってバノン氏としばしば対立したマクマスター大統領補佐官国家安全保障問題担当やコーン国家経済会議委員長ら、トランプ政権内でライバルだった人物を強めることになる。

原題BannonSaysHesGoingtoWarforTrumpAfterWhiteHouseExit抜粋

我が勝ち取った大統領は終わり〜バノン氏

保守強硬派のバノン氏は一時影の大統領とも言われたが、一方でホワイトハウス内での対立も招いていた。こうした中、バノン氏が今週、北朝鮮問題について余興にすぎないなどと発言をしたことに大統領が激怒し、事実上の更迭に踏み切ったと報じられている。

バノン氏は我が闘い求め、勝ち取ったトランプ大統領は終わった。別のものになっていくだろうとコメントした。アメリカ第一主義のシンボルとも言える存在が政権を去ることで、支持層の離反を招く可能性もある。

米長官、対話は金委員長次第北朝鮮核、外交が解決策

その上で対話の実現は彼金委員長次第だと強調し、北朝鮮が歩み寄りを見せる必要があると訴えた。

ティラーソン氏はこれまで、北朝鮮がミサイル発射や核実験を停止すれば、交渉に応じる用意があるとの立場を示している。

国務省のナウアート報道官も15日の記者会見でわれわれは外交が北朝鮮核問題の解決策だと信じていると強調。北朝鮮は、対話に応じる用意があることを真剣な態度で示す必要があると重ねて指摘した。

中国外相危機終わってない米朝問題で協力呼びかけ

中国外務省が発表した。トランプ米大統領北朝鮮問題をめぐる中国の対応について非常に失望していると不満を表明。14日には中国を対象に通商法301条に基づく調査の検討を指示した。中国側には両国をまきこんで米朝に自制を促すとともに、積極的な対応をアピールしてトランプ政権の対中批判をかわす狙いがありそうだ。

外務省の発表によると、王氏はラブロフ氏に対し北朝鮮と米国の応酬にブレーキをかけるのが急務だと述べた。ラブロフ氏は米韓軍事演習で再び情勢が悪化するおそれがあると懸念を示し、外交による解決に協力する姿勢を見せた。ガブリエル氏は関係国は欧州の悲惨な歴史の教訓をくみ取るべきだと訴えたという。北京延与光貞

中国火に油を注ぐな、北朝鮮情勢で各国に自制求める

中国は北朝鮮にとって最大の貿易相手国。今回の中国の制裁履行は、大きな経済的打撃になりそうだ。

米時間5日採択の安保理決議と同じく、輸入禁止対象は石炭、鉄鉄鉱石、鉛鉛鉱石、海産物と設定された。15日以前に発送されたものは輸入できるが、9月5日からは全面的に輸入できなくなる。

習近平国家主席は12日米時間11日、トランプ米大統領と電話会談し中米は朝鮮半島非核化の実現と朝鮮半島の平和と安定の維持において共通利益を有していると表明。対北朝鮮圧力強化を求める米国に対し関係国は自制を保ち、朝鮮半島情勢の緊張を高める言動を避けるべきだと強調、トランプ氏をけん制していた。中国の義務履行については米国を含む世界に明確な形で宣伝してみせた格好だ。

北朝鮮南北関係は落第と非難文大統領就任100日で

その上で、原因は明白だ。対話だ南北宣言の履行だと騒いだが、行動はその正反対だったためだとし、南朝鮮韓国当局が南北関係改善について騒いだことには表と裏があり、口先だけだったと批判した。文大統領の米最新鋭地上配備型迎撃システム高高度防衛ミサイルTHAAD、サードの追加配備指示、韓米の弾道ミサイル発射訓練、韓米ミサイル指針改定の推進などを取り上げ、北朝鮮に対する悪質な挑戦だと主張した。

同新聞は別の論評では、北朝鮮の核とミサイル問題に言及した文大統領の光復節日本による植民地支配からの解放記念日、8月15日の演説内容などを取り上げ、妄動などと激しく非難し、朝鮮半島につくられた一触即発の超緊張状態について、誰よりも深刻に反省し謝罪すべき当事者は米国と南朝鮮の執権者と主張した。

日米経済対話前に麻生副総理が訪米へ、9月上旬に非公式会談政府筋

麻生ペンス両氏をトップとする日米経済対話は、貿易投資分野のルール作りやマクロ経済面での協力を検討する枠組み。

今年4月の初会合に続き、両政府は、次回会合を10月の世銀国際通貨基金年次総会後に米国で開く方向で調整しており、非公式会談は事前の地ならしとの意味合いがありそうだ。

核ミサイル開発を続ける北朝鮮情勢が緊迫化すれば、開催日程を再度、調整する。

さて、ひとつ前の記事でも1415

という日付を強調表示しておいたが、この

両日で事態が鳴動するズゴゴゴ。。。

という音は聞こえたでせうか?

北チョンは発射はしばらくないと

表明し、バノンは北チョン攻撃はないと発

言。

15日には支那地区が北チョン経済制裁

支那地区への最後通告と書いたが、寸

止めでヘタレた支那地区縛

あと制裁できるのは石油だけ。

北チョンはこれが止められる前にタオルを

投げた形でつね。

これで北チョンに対する支那地区の影響力

が低下すればよし、まだ手を引かないよう

なら発射を実行して完全に北チョ

ンと支那地区を断絶させることになるんで

せうな。

時を同じくして日本は発射阻止を

宣言。

やる気があるならとっくにやってる、と何

度も書いてきたし、日米北のマッチポンプ

というリアル分析通りの展開縛

麻生が訪米するようだが、目的は経済対話

の地ならしじゃなくて、ここまでの展開の

総括と今後の展開の協議だろ縛

そしてなんと対支那地区強硬派のバノンが

退任。

ほぐれてきた糸に絡まってくる糸こちら

またまたリアル分析が的中縛

支那地区で強硬措置を取るメがなくなっ

たから、バノンはやめると言い出したわけ

でつね。

白人至上主義の問題でトランプマン

ったから切られたんじゃなくて、対支那

地区の方向性が気に入らないから辞めて

ったんでつよ。

世界中のメディア諸君はまだまだ勉強が足

らんな縛

習近平が再選されて対米貿易黒字が解消す

れば問題は終結してしまう。

そうすると、対米貿易黒字を抱えている日

独に矛先が向く。

だから財務大臣の麻生が訪米するわけ

でつね。

内閣改造支那地区の下僕がぞろぞろと入

閣してきたのもその流れでつね。

日本としてはアメリカが支那地区を歴史捏

造ごと叩き潰してくれた方がよかったんだ

が、しばらくは様子見。

対米貿易黒字の解消を履行しなければまた

危機は再燃するでせう。

だからまだ問題は終わってない!と

火病を起こす縛

このまま状況が膠着すれば、支那地区から

絶賛制裁中のバカチョンは支那地区に擦り

寄ることもできずに滅亡への坂道を転げ落

ち続けることになる縛

あれだけ擦り寄ったのに、図に乗って反日

演説するから北チョンから落第の烙印を押

されてるしな縛

日本としてはミサイル基地に核が

配備され、支那地区の影響力が低下したの

で、まあまずまずの展開なんじゃないでせ

うか?

あとは国内のセルリアンを滅札して日本を

取り戻すだけでつね。

わかり松。

()ブハ八ノ/!!!!!!!!

米中関係のこじれが米国と北朝鮮の対立激化の一因?

米朝間で激しさを増す口撃

米国と北朝鮮との間で激しい口撃合戦が続いており、軍事的な衝突に発展にするのではないかと危惧されています。

ヒートアップのきっかけとなったのは、5日の国連安全保障理事会北朝鮮に対する新たな制裁決議が採択されたことでした。この決議に反発した北朝鮮が7日、米国の挑発に断固たる報復で対処するとの政府声明を発表すると、すかさずトランプ大統領が炎と怒りに直面すると応酬し、軍事行動も辞さないとの強硬姿勢を示しました。

これに対し北朝鮮は9日、グアム周辺に向けてミサイル攻撃を検討中と応戦すると、10日にはトランプ大統領が炎と怒りは生ぬるい発言だったと再び挑発、翌11日には軍事的な解決への準備は完了しているとツイートするなど、両者の煽り合いがエスカレートして現在に至っています。

実は米中関係のもつれが原因?

一見すると、米朝間での軍事的な緊張が高まっているだけのように見えますが、その背後には中国との貿易問題が隠れており、問題を複雑にしています。

トランプ大統領は対中貿易赤字が膨らんでいることから、大統領就任初日に中国を為替操作国に認定すると公約していましたが、実現しませんでした。一方、4月の米中首脳会談では対中貿易赤字縮小に向けた100日計画を策定することで合意し、中国が北朝鮮問題を解決すれば、貿易協議は中国にとってよいものとなるとして北朝鮮問題と貿易問題のバーター取引を提案しています。

要するに、米国が中国に対し貿易赤字は大目に見るから北朝鮮を何とかしてほしいと要請し、中国側が受け入れた格好となりました。

しかし、実際のところ北朝鮮での核ミサイル開発は停止されるどころかむしろ加速し、また対中貿易赤字も同様に縮小どころか拡大しています。

100日計画が期限切れとなる中で迎えた7月の米中包括経済対話は、意見がまとまらないまま物別れに終わってしまい、結局のところ4月の米中合意は秋に党大会を控えた中国の時間稼ぎでしかなかったとの見方を強める結果となりました。

米国は北朝鮮問題の解決への期待から中国への制裁を先送りしてきましたが、経済対話が決裂したことで制裁への機運が高まっています。トランプ大統領は14日、中国の知的財産権侵害などを対象に通商法301条に基づく不公正貿易の調査を指示しており、不公正貿易があると判断されれば、大統領権限で関税の引き上げなど、制裁の実施が可能となります。

トランプ大統領が炎と怒り発言をした10日、中国についても貿易で巨額の赤字を出している。しかし中国が北朝鮮問題で支援してくれれば、貿易問題も違ってくると述べており、4月と同様に北朝鮮への働きかけを強めるように求めています。

ややうがった見方となりますが、米国が中国に対し、北朝鮮問題を解決しないのであれば関税を引き上げると圧力をかけたところ、中国の反応は関税引き上げならグアム爆撃ということになったとも見られます。

ロシア参戦なら泥沼?

ところで、8月2日にはロシア制裁強化法が成立しており、米ロ関係も悪化しています。

北朝鮮は米独立記念日に当たる7月4日に大陸間弾道ミサイルICBMを発射し、米国を挑発していますが、この日はモスクワで中ロ首脳会談が開かれており、米韓合同演習の中止を求めることで合意しています。

北朝鮮ICBMウクライナ製と見られており、北朝鮮の挑発的行為の後ろには中国とロシアの影が見え隠れしているわけです。

中国は貿易問題と北朝鮮問題は切り離して考えるべきだと主張し、北朝鮮の核開発を批判する一方で、米韓合同での軍事演習も受け入れられないとしています。

中国との貿易摩擦北朝鮮の核開発阻止に利用したい米国と、北朝鮮問題を韓国からの米軍撤退に利用したい中国との間での綱引きが伺えます。

そして、経済制裁が強化されたロシアとこれから経済制裁を受けそうな中国は、韓国からの米軍撤退で思惑が一致しています。そのロシアのラブロフ外相は11日、北朝鮮の核開発をめぐり米朝が軍事衝突する危険性が非常に高いとわざわざ警告しています。

北朝鮮問題については中ロが蜜月であることを踏まえると、米国もうかつに先制攻撃をしかけるわけにはいかないのかもしれません。

米中ロによるパワーポリティクスが激化の恐れ

米国と北朝鮮間の緊張の高まりの背後には、北朝鮮の核開発を中国との貿易摩擦を利用して解決したい米国と、それを受け入れない中国との確執が伺えます。

また、米朝間での軍事的リスクもさることながら、米国で対中経済制裁への機運が高まっていることから、米中間での貿易戦争が勃発するリスクも高まっている模様です。

さらに、北朝鮮をめぐっては、ロシアと中国で思惑が一致しており、軍事力や経済力をバックに国際政治を有利に展開しようとするパワーポリティクスが米中ロを舞台に激しさを増す恐れもありそうです。

問題がいったん終息に向かい始めてから解

説記事を出してくる、勉強不足のメディア

たち縛

リアル分析がいかに早くて深いかがよくわ

かるでせう?

()ブハ八ノ/!!!!!!!!

北朝鮮に何もしない中国日米韓の防衛態勢強固に

2プラス2は日本側から河野太郎外相と小野寺五典防衛相、米側からティラーソン氏とマティス国防長官が出席。ワーキングランチも含め約3時間協議し、北朝鮮に対する圧力強化を図る姿勢などを盛り込んだ共同発表をまとめた。

2プラス2で、ティラーソン氏は日米韓の連携強化についてそれが中国にとっていいことかどうか。中国がどう考えるかが大事だとも語った。河野氏は、東南アジア諸国などに対する海上警察力強化などの能力構築支援に今後3年間で約5億ドルを拠出する方針を表明し、強引な海洋進出を進める中国を牽制けんせいした。

小野寺氏は北朝鮮在日米軍の攻撃を想定して弾道ミサイルを発射している現状に言及し米本土が攻撃されるのと同等だとして危機感の共有を訴えた。マティス氏は拡大抑止による米国の日本防衛のコミットメントは揺るぎないと明言した。

河野、小野寺両氏はオーストラリアで米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市所属の新型輸送機オスプレイの墜落事故に関連し、飛行の安全確保を要請した。

4閣僚は17日午後日本時間18日未明に共同記者会見を行い、ティラーソン氏は北朝鮮が間違った選択をした場合、外交努力は強い軍事的結果に裏打ちされていなければならないと北朝鮮に警告。マティス氏も北朝鮮が米領グアム沖に4発の弾道ミサイルを発射する計画を公表した経緯を踏まえ日米両国はともに脅威を抑止し、必要であれば打倒する。いかなる敵対行為も効果的で圧倒的な反応に直面すると断じた。

河野氏北朝鮮が挑発的かつ脅迫的な行動を自制し、非核化に向けて真剣な対話に戻ることが大事だ。対話のための対話には意味がないと指摘。小野寺氏はあらゆる事態の対応を万全とするため、自衛隊と米軍の防衛協力をさらに推進し、国民の安心安全の確保に万全を尽くすと強調した。

番犬と揶揄されるセルリアンの在日米

軍だが、いなきゃいないで困るんでつね。

番犬じゃなくて人質だから縛

在日米軍を人質にしてる限り、ダメリカが

アメリカで政権を取ろうとも日本を攻撃で

きないわけでつよ縛

セルリアンは檻に閉じ込めて身動き取れな

いようにしたうえで徹底的にいたぶって利

用する、ということでつね。

わかり松。

()ブハ八ノ/!!!!!!!!

はずるい泣きそうだった、めっちゃ歌った

はずるい泣きそうだった、めっちゃ歌った、最高だった。でも個人的ベストアクトは飛び跳ねたとなんでも一人でやっちゃってて超かっこよかった

今日は予定日

8月17日(木)産後9日目。

今日が本来の予定日です。

もう9日間も次女と過ごしているだなんて、何だか不思議な気がします。

今日は午前中、授乳後に次女をバーバに任せて長女と近所のスーパーまで散歩。

思いつきでお菓子を作る事にしました。

ロッキーロード風チョコ菓子。

ただチョコ溶かして、マシュマロと砕いたお煎餅を混ぜただけの適当お菓子(;)

ですが長女も少しは気分転換できたかな?

午後は近所のママ友が遊びに来てくれまして、長女も大興奮。10日間以上大人としか接してなかったので、それはもう嬉しかったみたい。

プリンセスドレス着用でお出迎えしました。

ちなみにこの格好でお宮参りの写真撮るって言い出して困っています。バーバが作ってくれたヨークワンピを着てくれ、頼むから(;)

次女は初対面。

もちろん姉さん達のおもちゃになりました。

この状況でもしばらくは寝続けていたのが次女らしいところです。

さすがに最後の方は泣き出したけど、いくら姉さん達が騒がしくしてもスースー寝てましてねェ。

長女は少しの物音でも起きてたから、その違いには驚くばかり。

素敵なお祝いもいただいてありがたや

これからは長女に加えて次女も仲良くしてもらわなきゃね!!

明日からは出産後ずっとヘルプに来てくれていたバーバもパート復帰。昼過ぎまでは1人で2人育児をしなきゃなりません。

まぁ昼過ぎからは今まで通りヘルプには来てくれるので(夕飯作りや沐浴、洗濯畳み等)、環境は恵まれた方なんですが。

めちゃくちゃ不安!!

特に長女が大人しく家の中で過ごせるか。

老け込みそうですが、頑張ります(T-T)

広告を非表示にする

Excuse me?

先日、行きたいお店があったので、そのお店が入っているデパートに行った。

デパートと言ってもレンガの外壁はボロボロ、地震大国の日本では絶対目にできないような恐ろしい建物で、日本人が見たら『えっ、この中に入れるの?』と思ってしまうような状態で、近付いて見ても外壁が崩れて中の配管がむき出しになっていたり、作業途中なのか完了なのかわからない資材の袋が放置されていたり、中は中で薄暗く、エスカレーターはもちろんスムーズではなく、ガッガッガッガッと音をたてながら進んでいくし、絶対いつか逆走しそう・・・というデパートで、ここまで書けば、チェンマイを知っている日本人なら『あ、あそこだ』とわかってしまうくらいメジャーなデパート。

そのデパートに入って、まずトイレに行った。

するとタイ人と思われる若い女性が何かを懇願するかのように『Excuse me?』と声を掛けてきた。

こんなところで何だろう?新手の詐欺ってあったっけ?と思ったが、彼女のほうを向くと、切羽詰まった表情で『Do you have a napkin?』と言われた。

あ、この人、急に生理がきて困ってるの?と思ったので、『Napkin? ?(タイ語で生理用ナプキンの意味)』と聞いてみたら、そうだそうだと言わんばかりに頷くので、持ち合わせていたものを差し出すと、これではないという仕草。

お腹をおさえて『痛〜い』というふうだったので、『medicine?』と言ってみたが、、これも違うらしい。

彼女はどうやら自分の言った単語が違うということに気付き、あれ、何だっけ、何だっけ、というようなことを口走り、トイレの個室を指差して、そしてお腹をおさえた。

あ、急に大きいほうをしたくなってお腹が痛い、っていうことなの?!と思って偶然持っていたトイレットペーパー(昼食のときにテーブルに置いてあったものを使った残り)を40cmほど手渡したら、彼女は『そう!これ!』という表情になったが、もっとほしいと言う。

わたしはバックパックの内ポケットにポケットティッシュを入れてあるので、それを取り出そうとするのだけど、こういうときに限ってなかなか出てこない。

なんだか漫画みたいな状況になってきて、バックパックのファスナーを全開にして、あれでもない、これでもないといろんな物をどんどん出して、ようやくポケットティッシュに到達した。

ポケットティッシュを渡すと、『Thank you very much』と彼女はお礼を言って、トイレにかけ込んだ。

騒動が落ち着き、わたしもトイレに入ろうと思ったが、彼女が紙を乞うていたということは、ここのトイレには紙は設置されてないということで。

そしてわたしはポケットティッシュをまるっと彼女に渡してしまった。

さて、わたしはどうすれば・・・?

バックパックのポケットにはペーパータオルも忍ばせてある。

わたしはそれを、よ〜く揉んでから使った。

タイのトイレは使った紙はゴミ箱に入れるシステムなので、これで問題なし。

広告を非表示にする

英語日記 *part481*

今日学んだ英語表現です

以下の空欄に入る最も適切なものを選択肢(1)〜(3)の中から選んでください。

━━━━━━━━━━━━━━━

The Foreign Ministry spokesman answered questions from the press [ ] the Prime Minister.

(1) in charge of

(2) in respect of

(3) on behalf of

答え

(3) on behalf of

解説

選択肢(1)〜(3)はいずれも<前置詞+名詞+of>という形をとる表現です。ここでは文脈から、「…の代わりに」という意味の(3) on behalf ofが正解となります。

The Foreign Ministry spokesman answered questions from the press on behalf of the Prime Minister.

訳:外務省の広報担当者は、首相に代わって報道陣の質問に答えました。

●その他の選択肢●

(1) in charge of(「…の担当で」という意味なので文脈に合わない)

(2) in respect of(「…に関して」という意味なので文脈に合わない)

広告を非表示にする